引っ越し前にやっておくべきこと!やらなければいけないこと!

結婚・就職・進学・転勤。

人生の岐路には引っ越しはつきもの。
でも、引っ越しは結構大変。
ただ、荷物を運ぶだけなら簡単ですが、やる事が結構あります。

特に、初めて引っ越しをする人にとっては、かなりの労力を必要とします。
そこで、スムーズに引っ越しができるように、後々面倒な作業を増やさないように、引っ越し前にするべき、しなくてはならない事を詳しく解説していきたいと思います。

自治体での手続き

引越しをする時は、今現在住んでいる自治体で様々な手続きをしなければいけません。

同じ市区町村内で引越しをする場合は、さほど大したことはありませんが、他の市町村に引っ越しする時は面倒な手続きが必要になります。

「転出届の提出」
生活する上で何かと必要になる住民票。

引越し先で得るために、役所・役場へ転出届を提出し、転出証明書を受け取ります。

新天地での転出届けの提出は、転出の14日前?当日までの期間にやる事がベスト。

忙しくてどうしてできない。
という人は、転居後14日以内なら手続きを行うことができますので、必ずその期間内に済ませておきましょう。

「印鑑登録の廃止」
マイホームや車など、大きな買物に必ず必要になる印鑑登録。
住んでいる自治体に印鑑を登録することで、その印鑑が本人のものであるということを証明してくれるシステム。

ほかの市区町村へ引っ越すときは、印鑑登録を廃止する手続きが必要です。

「国民健康保険に加入している人は、引越し先で改めて加入するために資格喪失」
手続きの期限は引っ越してから14日以内です。
病気になって後で困らないように、早め、早めの手続きを心がけましょう。

福祉関連の手当を受給している人も同じように消滅手続きが必要になります。

引っ越し前、自治体での手続きはこれで完了。
まだ油断は禁物。

次は生きるために必要なやるべきことを解説していきます。

ライフライフの確保

生きて行くために、生活を営みために必要な、電気・ガス・水道・インターネット。

万が一にもこの手続きを忘れてしまうと、追加料金を請求されたり、引っ越してから電気やガスが使えないなどのトラブルが起きる可能性があるため、引越しの1?2週間前には手続きを済ましておくことをオススメします。

「電気」
文化的な生活を営むには電気は絶対に欠かせません。
引越しする時は、必ず今現在住んでいる家の電気を停止する手続きと、新しく住む家の電気を使えるようにする手続きが必要です。

「水道」
生きる上で欠かせない水。
水道の使用を停止する手続きは、現在住んでいる地域の水道局に電話かインターネットを使って申し込みます。
水道局の管轄外への引越しの場合は、新居の住所を管轄する水道局に使用開始の連絡をする必要があります。

「ガス」
生活の三種の神器のひとつであるガス。
現在契約しているガス会社に電話かインターネットを使って申し込みます。

「インターネット」
今や社会インフラであるインターネット。
引越しの際は、回線事業者とプロバイダの変更が必要となります。

インターネットの契約は、回線事業者とプロバイダをそれぞれ契約する場合と、セットで契約する場合があります。

引っ越し先ですぐにインターネットを使いたいという方は、忘れずに手続きを済ませておきましょう。

【その他】
「郵便物の転送」
最寄りの郵便局の窓口に転出届を提出することで、1年間、旧居に届いた郵便物等を新居に転送してくれます。

「NHKとの契約」
これは任意になります。

NHKとの契約については、自ら行動しなくても、あちらからやってきます。

上記のように引っ越しする時は、引っ越し前にやるべきこと、やらなければいけないことがたくさんあります。
スムーズに引っ越しを行うために、早め早めの行動が肝になってきます。